9月22日・ソフトバンク戦『ロッテ打線は3安打1得点、貧打は続く』2021シーズン

9月22日のロッテの試合結果

2021-09-22(水)

本日は福岡ソフトバンクホークス戦

 

2軍では今日、19対0でロッテが大勝しイースタンリーグ優勝を決めました。

2位以下に大きく差を付けているため、ロッテのチーム全体としての層が厚くなっているということでしょう。

 

ただ、ロッテはこのタイミングでロメロ投手が故障、マーティン選手が右足の骨折で助っ人が2人離脱する事態となっています。

特にチームの得点力が落ちている中でホームランを打てるマーティン選手を欠くのは辛いことですが、首位を守り抜くためにしっかりとチームでカバーしてコツコツと勝利を積み上げていってほしいです。

 

マーティン選手が抹消となり、今日は佐藤都志也選手が1軍に登録されました。

捕手3枚体制に戻ったことで勝負所での代打を出しやすくなりますね。

佐藤都志也選手には捕手としてはもちろん、DHや代打でのバッティングにも期待しています。

 

今日の先発バッテリーは美馬投手田村選手

福岡で対戦した先週のソフトバンク戦では4回途中4失点と崩れてしまいましたが、後半戦はまだ1度も負けが付かず打線の援護に助けられていることもあるため、今日も打線の援護を呼び込めるようなテンポの良いピッチングをしていただきたいです。

 

9月20日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1M114564117
2B1175547153.5
3E1165350136
4H1164750199
5L11644541812.5
6F11140541714.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

9月22日「ロッテvsソフトバンクの試合結果」

9月22日のロッテの試合結果

勝利投手【H】千賀投手(6勝2敗)

敗戦投手【M】美馬投手(5勝5敗)

セーブ 【H】森投手(1勝0敗10S)

本塁打 【H】リチャード 4号(7回表ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2藤原0000
3中村0000
4レアード0000
5角中1000
6山口0000
7エチェバリア0000
8藤岡0010
9田村0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打佐藤1000
代打安田0000

 

投手成績

投球回自責点
美馬5回2失点
鈴木1回0失点
東妻1回1失点
小野2回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【2回表】美馬投手はこの回先頭の柳田選手に2ベースヒットを打たれるなどでノーアウト1,3塁のピンチを招き、犠牲フライを決められて先制を許す
【4回表】美馬投手は連打を食らってノーアウト2,3塁のピンチを招き、内野ゴロの間の得点とタイムリーヒットで2点を失い、ロッテは3点ビハインドとなる
【6回表】鈴木投手は先頭バッターに四球を与えるも、後続をきっちりと打ち取って11球で1イニングを無失点に抑える
【7回表】東妻投手はソロホームランを打たれて1点を追加される
【7回裏】この回先頭の中村奨吾選手が四球を選んで出塁するも、後続は三者連続三振に倒れて得点を奪えず
【8回表】小野投手はヒットと四球でノーアウト1,3塁のピンチを招くも、後続を内野ゴロ2つと三振に抑えて無失点で切り抜ける。
(回跨ぎをした9回表はテンポ良く三者凡退で抑える好リリーフ)
【8回表】代打の佐藤選手がセンター前へのヒットを打ち、打球の処理が遅れる間に3塁まで到達する3ベースヒットでチャンスを作り、続く藤岡選手のセカンドゴロの間に生還し1点を返す
【9回裏】この回先頭の中村奨吾選手は相手のエラーで出塁しノーアウト2塁のチャンスを作るも、後続は続けずゲームセット

今日もロッテ打線は3安打1得点と機能せずにカード頭を落としてしまいました。

 

打線の調子がなかなか上がりませんね。

少ない得点で勝ってきた試合が多いため、この調子では投手陣に大きく負担がかかり続けてしまいます。

1点も取られてはいけないという気持ちで投げるのは先発投手にとってかなり酷だと思うので、そろそろ打線が投手陣を助ける試合が増えてきて欲しいです。

 

首位を守るためにはとにかく連敗をせずに大きく差を詰められないことが大切なので、明日は投打が噛み合っての勝利を見せていただきたいですね。

 

先発の美馬投手は5回3失点(自責点2)という結果でした。

ストライクとボールがハッキリしていて、高めに浮いている球・甘いコースに入る球が多かったため簡単に外野まで飛ばされてしまっていましたね。

ストライクゾーンを広く使って厳しいコースにも投げ込めるコントロールが持ち味の投手なので、精度が落ちてしまうと抑えることは出来ません。

この調子だとローテーションに入って勝利を挙げるのは難しいでしょう。

 

9月23日「ロッテvsソフトバンクの予告先発」

【ロッテ】佐々木朗希投手
【ソフトバンク】マルティネス投手

 

明日のロッテの予告先発は佐々木朗希投手

前回登板では自己最長となる8回を投げて2失点に抑える好投を見せてくれました。

無四球で9奪三振を記録し、99球というテンポの良いピッチングでしたね。

簡単に打たれない速いストレートと変化球を持っているため、ストライク先行でどんどん攻めていってほしいです。

 

対するソフトバンクの予告先発はマルティネス投手

先週はロッテ打線が7回1失点に抑え込まれたばかりで打つのが難しい防御率1点台の好投手ですが、先週の反省を活かして明日は佐々木朗希投手を援護していただきたいですね。

得点のチャンスの数は少ないことが予想されますが、その少ないチャンスできっちりと点を奪うような攻撃に期待です。

Comment

タイトルとURLをコピーしました