10月23日・日本ハム戦『荻野選手のサヨナラタイムリーでマジック4』2021シーズン

10月23日のロッテの試合結果

2021-10-23(土)

本日は北海道日本ハムファイターズ戦

 

ロッテは6試合を残して「マジック5」

オリックスが25日の最終戦に勝つ前提で考えれば、ロッテは1つしか負けられない状況です。

優勝のためには全勝する勢いで残りの試合を戦ってもらうしかありません。

そして、今日からは先発の岩下投手もリリーフとしてベンチに控えています。

 

今日の先発バッテリーは佐々木朗希投手加藤選手

佐々木朗希投手は先発として十分な好投を続けてくれているため心配はしていません。

ロッテの勝利のためにも、佐々木朗希投手のマリン初勝利のためにも、ロッテ打線の頑張りに期待するのみです。

 

10月22日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1B142695518
2M137655319M5
3E1396460155
4H1405861218.5
5L14255691814
6F13852662014
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

10月23日「ロッテvs日本ハムの試合結果」

10月23日のロッテの試合結果

勝利投手【M】益田投手(3勝6敗)

敗戦投手【F】杉浦投手(2勝3敗)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2011
2中村1020
3マーティン1010
4レアード0000
5山口0000
6エチェバリア0000
72000
8藤岡0000
9加藤0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走藤原0000
守備三木0000
代走和田0000

 

投手成績

投球回自責点
佐々木朗6回0失点
国吉1回0失点
佐々木千1回0失点
益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】佐々木朗希投手は2三振を奪って三者凡退に抑える上々の立ち上がり
【3回裏】岡選手のヒットや加藤選手の四球などで2アウト1,3塁のチャンスを作り、中村奨吾選手の右中間を破る2点タイムリー2ベースヒットでロッテが先制。
さらにマーティン選手もライト線を破るタイムリー2ベースヒットで続いて3点リードに
【4回表】佐々木朗希投手はこの回12球で三者連続三振を奪う完璧なピッチング
【6回表】佐々木朗希投手は連打とパスボールで1アウト2,3塁のピンチを招き、内野ゴロの間の得点とライト前タイムリーヒットで1点差まで詰め寄られる
【7回表】国吉投手は2つの四球を与えて1アウト1,2塁のピンチを招くも、後続をサードフライと三振に抑えて得点は許さず
【7回裏】2アウトから荻野選手のヒットと盗塁成功などでランナー1,2塁のチャンスを作るも、マーティン選手はサードフライに倒れて追加点は奪えず
【8回表】佐々木千隼投手は2ベースヒットを打たれるなどで2アウト2塁のピンチを招き、続く万波選手をファーストフライに打ち取るも、風の影響でレアード選手が落球してしまいその間に2塁ランナーが生還して同点に追いつかれる
【9回表】同点のマウンドに上がった益田投手は10球で危なげなく三者凡退に抑える好リリーフでロッテの負けは無くなる
【9回裏】先頭の岡選手が四球を選んで出塁し、続く藤岡選手のバントはサードの選手の2塁への悪送球となってノーアウト1,2塁、さらに加藤選手の勢いを殺したバントはファーストの選手のファンブルでオールセーフとなってノーアウト満塁のチャンスに。
続く荻野選手が一二塁間を破るタイムリーヒットを放ってサヨナラ勝利!

最終回は相手のミスでチャンスを貰った形にはなりましたが、きっちりと得点を取って勝ち切れたのは良かったですね。

今日の勝利で「マジック4」となり、ロッテは残り5試合で3勝1分以上で優勝です。

 

今日は佐々木朗希投手の好投を筆頭に投手陣の活躍が目立ち、野手陣は3回9回の攻撃以外に見どころを作れませんでした。

得点力はまだまだ物足りないところがありますし、2エラーバッテリーエラーとミスも目立っています。

優勝のためにミスを減らしていくことはもちろん、もっと打線の繋がりを良くして連勝を続けてほしいですね。

 

佐々木朗希投手は6回2失点(自責点0)の好投でリードを守ってマウンドを降りましたが、8回に追いつかれて今日もマリンでの初勝利はお預けとなってしまいました。

 

初回から2三振を奪う立ち上がりで、4回には三者連続三振を奪うなど毎回三振を続けて自身初の二桁奪三振を記録しています。

パスボールが絡んだ失点があったものの、ストライク先行でテンポ良く投げ込んでいく力強いピッチングでしたね。

佐々木朗希投手はレギュラーシーズン最終戦となる来週の30日にも登板予定となっているため、次こそはマリン初勝利を記録できるようにまだまだ頑張っていただきたいです。

 

10月24日「ロッテvs日本ハムの予告先発」

【ロッテ】石川投手
【日本ハム】立野投手

 

明日のロッテの予告先発は石川投手

10月に入ってからは6回無失点9回2失点と好投が続いています。

石川投手らしいゴロを打たせて取るピッチングが戻ってきて安定感がありますね。

明日も日本ハム打線に対してテンポ良く打ち取っていく好投を見せてほしいです。

 

対する日本ハムの予告先発は立野投手

4勝2敗・防御率2.57の好成績を残す好投を続けていて、ここまでの被打率はちょうど2割と打ち崩すのが難しい投手ですね。

ロッテ打線は一度4回2失点で負けを付けたことがあるものの、2週間前の対戦では6回無失点と抑え込まれて得意としているわけではありません。

明日はランナーを多く出してチャンスを作れるように、ロッテ打線には粘っていってほしいです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました